“遍路”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
へんろ92.3%
へんど7.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
四国といえば昔から八十八箇所巡礼の国で、桜や菜の花が咲き乱れる頃、諸国から集るお遍路へんろの白い姿が道を伝って流れるように続きます。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
父は善根ぜんこんの深い人で、四国、西国の霊場を経巡へめぐ遍路へんろの人達のために構えの一棟を開放し善根の宿に当てていた。
抱茗荷の説 (新字新仮名) / 山本禾太郎(著)
「昔は阿波のお国へも、商人衆あきんどしゅう遍路へんろの者が、自由に往来ゆききしたそうでございますが、いつからそんな不便なことになったのでしょう」
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼の父は今から十年ばかり前に、突然遍路へんろみ果てた人のように官界を退いた。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
年の若さに遍路へんろの旅にたちまよふアマリリスの香料、
藍色の蟇 (新字旧仮名) / 大手拓次(著)
遍路へんど(四国遍路の義)だのといっていたりすることが、はなはだ頻繁に自分の目に映ずるので
俗法師考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)