“善吉”の読み方と例文
読み方割合
ぜんきち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一は、ふところから、べいをして、で、まわしてみました。これをつけると、善吉が、くからかけてきました。
赤土へくる子供たち (新字新仮名) / 小川未明(著)
続いてハイドンの『ピアノ三重奏曲=ト長調』(JF七八—九)が入った時は、中村善吉氏(NKM氏)は、わざわざ新聞社の応接室に私を訪ねて
母親は、むきになってしかりました。善吉はしまいにかなしくなって、しくしくとしました。そして、さな
高い木と子供の話 (新字新仮名) / 小川未明(著)