赤土へくる子供たちあかつちへくるこどもたち
釣りの道具を、しらべようとして、信一は、物置小舎の中へ入って、あちらこちら、かきまわしているうちに、あきかんの中に、紙につつんだものが、入っているのを見つけ出しました。 「なんだろうか。」 頭を、かしげながら、ほこりに、よごれた紙を、あけて …
作品に特徴的な語句
みっ うえ 復習ふくしゅう いね ただ 大形おおがた だい なに ほん ぜん 故郷こきょう てき いえ ばこ 翌日よくじつ ひだり 夜明よあ 看護かんご そと ごえ つよ かれ 商売しょうばい 記念きねん はな めい きゅう ぐん たっ ぐち 反対はんたい あたら ほう ゆう 道路どうろ どり 武夫たけお 日本にっぽん なか 主人しゅじん 入用にゅうよう にん はい もん あいだ ひか ふく 顔色かおいろ さき あに からだ かい あたま おと 生徒せいと たけ 空気くうき そら あな ある 稲荷いなり 種類しゅるい あき わたし いし のこ かあ 毎日まいにち しろ 番地ばんち 火事かじ とう 沼地ぬまち なみ りん 火花ひばな 満足まんぞく うみ わた およ 父親ちちおや