青春の息の痕せいしゅんのいきのあと
序 これは私が大正三年秋二十二歳の時一高を退学してから、主として、二十七歳の時「出家とその弟子」を世に問うまで、青春の数年間、孤独の間に病を養いつつ、宗教的思索に沈みかつ燃えていた時代に、やはり一高時 …
作品に特徴的な語句
牡蠣かき 従妹いとこ 祇園ぎおん 従弟いとこ はぜ 発心ほっしん 洗濯せんたく 無沙汰ぶさた 叡智えいち 海苔のり 清楚せいそ 成仏じょうぶつ 小舎こや 発作ほっさ 矛盾むじゅん 氷雨ひさめ 渓川たにがわ すえ 逢瀬おうせ 行脚あんぎゃ 天稟てんびん かえ 沈鬱ちんうつ 三界さんかい ゆる 合歓ねむ 不忍池しのばずのいけ 示唆しさ 夭折ようせつ 懶惰らんだ 初七日しょなのか 一生涯いっしょうがい 境涯きょうがい 騒擾そうじょう 洞窟どうくつ 絆纏はんてん 衒気げんき ちまた 帝釈たいしゃく 行者ぎょうじゃ いつく いのこ 放擲ほうてき 贖罪しょくざい たたか 晦渋かいじゅう 菩提樹ぼだいじゅ ひろ そむ たす つつ 娼婦しょうふ 田舎娘いなかむすめ 田舎町いなかまち 吐瀉としゃ 幽鬱ゆううつ 出養生でようじょう 星屑ほしくず 憑依ひょうい 遭遇そうぐう 初子ういご 塵労じんろう もてな 麦蒔むぎま