青春の息の痕せいしゅんのいきのあと
序 これは私が大正三年秋二十二歳の時一高を退学してから、主として、二十七歳の時「出家とその弟子」を世に問うまで、青春の数年間、孤独の間に病を養いつつ、宗教的思索に沈みかつ燃えていた時代に、やはり一高時代のクラスメートで、大学卒業前後の向上期 …
作品に特徴的な語句
はたら かお もてな かた のぞ きわ つた いこい ねぎら おびや いや あさ いま 三界さんかい 麦蒔むぎま ごろ あやま 老耄ろうもう かけ るい むつま あたた こぼ 天稟てんびん すぐ しもべ 今日きょう つく すこ 蚊帳かや さわ 牡蠣かき みだ 田圃たんぼ ほとり あぜ あと いた なお 発作ほっさ 発心ほっしん 百合ゆり 目睹もくと 真摯しんし 眩暈めまい ひとみ 傲慢ごうまん 矛盾むじゅん 備後びんご 示唆しさ 祇園ぎおん 祈祷きとう 福音ふくいん ぬす 穴痔あなじ きわ 穿鑿せんさく かて 絆纏はんてん ゆる 羞恥しゅうち うらや くるま 聖衆しょうじゅ つんぼ 会得えとく 今朝けさ もろ 自媚じび 色街いろまち はな あし ねぎ あお 蔑意べつい あし しいた 隠遁いんとん 軽蔑けいべつ くら たす 辿たど みち 逢瀬おうせ 遭遇そうぐう 釈迦しゃか くわ やみ たたか 隙間すきま さわ そむ 騒擾そうじょう