“絆纏”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はんてん81.0%
ばんてん19.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白けた絆纏の浮浪者が出て——「爺さん、しつかりせえよ」と声をかけて片足をかつぎ、黒い布被ひのある車へ載せるのであつた。
釜ヶ崎 (新字旧仮名) / 武田麟太郎(著)
這入ろうと思って片足高い処に踏み掛けたが、丁度出入口の処に絆纏を着た若い男が腕組をして立っていて、屹然として動かない。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
社殿の縁には、ねんねこ絆纏の中へ赤ん坊をって、手拭の鉢巻をした小娘が腰を掛けて、寒そうに体をめている。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
土間に、顔も鼻の穴も手も真っ黒によごれた仕切り絆纏の五十格好の親爺が立っていた。私が入って行くと、その親爺は黒い顔から茶色の眼を光らせて、無言で私を睨めた。
泡盛物語 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)