野ざらしのざらし
「奇体な名前もあるもんですなあ……慾張った名前じゃありませんか。」 電車が坂道のカーヴを通り過ぎて、車輪の軋り呻く響きが一寸静まった途端に、そういう言葉がはっきりと聞えた。両腕を胸に組んで寒そうに——実際夕方から急に冷々としてきた晩だった— …
作品に特徴的な語句
あーる めまぐる あーちゃ あち 翌朝あさ ラヴ 昼食ランチ 珈琲カフェー ばーん めしい のこ うる ラブ ひや まこと 蓑笠みのかちゃ すがた せん 天気てーんき 幻滅デスイリュージョン せい なみ がら もく まばた くう うっす 主婦かみ くだり 冷々ひえびえ せつ 受口うけぐち 大根だいこ そこな 山田やーまだ さち 形体えたい 彼処あすこ 恋人ラヴァー 懶惰ものぐさ 服装みなり 朱欒ざぼん むくげ ほて 生身いきみ まぶ 突棒キュー 虎斑とらぶち 衝動ショック しる 韻律リズム 下細しもぼそ 伝手つて 先刻さっき 内密ないしょ 凹地くぼち 初心うぶ 午前ひるまえ 呆気あっけ 団扇うちわ あな タイプ かえ うち 年齢とし 彼女あれ 感冒かぜ 打棄うっちゃ こぶし ふみ 斜上ななめうえ うま 明日あす うつ 暢々のびのび 栄螺さざえ 欠伸あくび そばだ 此家ここ 気圧けお 汚点しみ 泥濘ぬかるみ 洋傘こうもり 爾曹なんじら 片言かたこと 玄人くろうと 直方のうがた 素面しらふ 練乳コンデンスミルク 聖書バイブル はら 自棄やけ 行書ぎょうしょ さわ あかし