“行書”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぎょうしょ75.0%
ぎょうもの25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“行書”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
盡は書畫の字よりは横画一本少きなり。いつの如く書くは誤れり。行書ぎょうしょにて聿の如く書くことあれどもその場合には四箇の点を打たぬなり。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
手紙には退職慰労金の受け取りかたに関する注意が事々しい行書ぎょうしょで書いてあるのだった。
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
と、細軸の一行書ぎょうものが懸かっている。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)