“斜上”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ななめうえ66.7%
なゝめあが33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“斜上”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
両腕を胸に組んで寒そうに——実際夕方から急に冷々としてきた晩だった——肩をすぼめていた佐伯昌作は、取留めのない夢想の中からふと眼を挙げて見ると、印半纏しるしばんてんを着た老人の日焼した顔が、髭を剃り込んだ頣をつき出し加減にして、彼の横から斜上ななめうえの方を指し示していた。
野ざらし (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
いくら君でも、気管を切断されただけで、雷撃的な即死は考えられないだろう。それから、外傷は一つだけで、しかもその創道が自殺者以外には見ることのない方向を示していて咽喉を斜上ななめうえに突き上げている。そう云うふうに目標の困難な個所を狙って一撃で効果を収ると云うことは、被害者が故意に便宜な姿勢をとらない限りは、まず不可能と見て差支えあるまい。
聖アレキセイ寺院の惨劇 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
斜上なゝめあがりのたか屋根やねへ、きら/\きら/\とあをひかつてかゞやきつゝ、それよりひかりまぶしくえて
番茶話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)