“阜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おか60.0%
をか20.0%
おおい10.0%
10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「兵糧など捨て置いて味方の一隊は、北へ迂回し、黄河に沿って、敵の退路をせ、——また一隊は、逃げるが如く、南のへ馳けのぼれ」
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
木立生ひ繁るは、岸までりて、靜かな水の中へつづく。薄暗い水の緑葉を、まつなまたの中空の雲をゆすぶる。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
南風の時なるやもって我が民の財をにすべしと。今の音を聞くに、誠に殺伐激越、南音にずして北声に類するものだ。弾者の荒怠暴恣の心状をこれほど明らかに映し出したものはない。——
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
第一、目録が目線であります。下総が下綱だったり、蓮花の花だったり、鼻がになって、腹がに見える。
雪柳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)