軍用鼠ぐんようそ
探偵小説家の梅野十伍は、机の上に原稿用紙を展べて、意気甚だ銷沈していた。 棚の時計を見ると、指針は二時十五分を指していた。それは午後の二時ではなくて、午前の二時であった。カーテンをかかげて外を見ると、ストーブの温か味で汗をかいた硝子戸を透し …
作品に特徴的な語句
モド 急遽キュウキョ シカ タダ かたわ ミッキー コレ どう プロット とど かまびす ちな 娘々ニャンニャン 旧態キュウタイ キイ にく すぐ しま 口吻こうふん かつ はま 幾何いくら 彼奴きゃつ はさ つな なぐ とも あた おそれ 黒目あやめ 一切いっさい 丁度ちょうど 不図ふと 丑満うしみつ たお 仰有おっしゃ 何処どこ 佩剣はいけん わし 冷雨ひさめ およ やいば 勿体もったい 卓子テーブル かえ 可及カキュウ 可笑おか いな 呼吸いき くわ やかま よみ ささや 図々ずうずう やつ 如何いか 宥恕ゆうじょ もっと みき 心憶こころおぼ おび 恭々うやうや ことごと ゆっ おどろ ふる なげ はばか 憤懣ふんまん 所謂いわゆる かかわ こしら ちょう 昨夜ゆうべ 更紗さらさ かつ 柘榴ざくろ 桝目ますめ 棚曵たなび 棲家すみか しら 水母くらげ 江木えぎ いわ