“朱紅”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しゆべに50.0%
あけ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
幻覚まると、朱紅のやうに
畑の祭 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
朱紅さ。
畑の祭 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
鱗革朱紅やら金箔をかけたを着、青錦戦襖に黄色の深靴をはいていた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)