緑衣の女りょくいのおんな
夏の夕暮であった。泉原は砂塵に塗れた重い靴を引きずりながら、長いC橋を渡って住馴れた下宿へ歩を運んでいた。テームス川の堤防に沿って一区劃をなしている忘れられたようなデンビ町に彼の下宿がある。泉原は煤けた薄暗い部屋の光景を思出して眉を顰めたが …
作品に特徴的な語句
そぞろ あるき 飄然へいぜん 疲労づか かた かわ 仮令よし いましめ やす 堤防エンバンクレメント ただち 円柱はしら 到着つい 消費つか とば ほん 真紅あか 似合にあわ ばく 幾許なにがし 宿泊とま 語調ことば 墜落 かが 周章あわただ いち 一団ひとかたま 狭隘せま 白昼ひるま 此方こっち たなごころ たず 経過 彼方あっち ひっ ひそか 宿とま おか ほこり 談合はなしあ たくら やわら はが のが わき 停止とま はし とど 依頼たの ぜん 逝去なくな つき みは 呆然ぼんやり 疲労つか あやま 体躯からだ とも 疾走はし すま かた 流行はやり 病褥とこ はか わずか たち にせ わき 記憶おぼ 支度じたく たず 倏忽たちまち ばか 白鴎かもめ 服装みなり あて 押止おしと 酒場バー 暫時しばらく 何故なにゆえ 明瞭はっきり かか 旅館ホテル 頬紅ほおべに 縡切ことき 矢張やは みつ ねむ 真紅まっか 頭脳あたま 鬱蒼うっそう