“浜納屋”の読み方と例文
読み方割合
はまなや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
浜納屋づくりのいろは茶屋が、軒並の水引暖簾に、白粉の香を競わせている中に、ここの川長だけは、奥行のある川魚料理の門構え。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
平三が浜へ来た時、平七は鰹を陸へ揚げて了つて船の垢水を汲み出して居た。女共が五六人其の鰹を担つて運んで居た。平三は衣服を浜納屋へ投げ込み、襯衣の上に帯を巻いて船に飛び乗つた。
厄年 (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)
長屋中の鎧材料から倉の中の物も、みんなどこかへす算段をしろ。——そうだ、浜納屋の方へ持って行け。運べ、運べ
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)