“御納屋”の読み方と例文
読み方割合
おなや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「こっちへ来てはまだ昨今だけれど、京橋の方にはお友達が随分あるようだからね。なにしろ御納屋の人たちには道楽者が多いと云うから」
半七捕物帳:69 白蝶怪 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
御青物御用所神田竪大工町御納屋に奉公に出ていて、江戸れている上に、丹那小町と呼ばれた美人なので、村の若者が競って恋を寄せたのであったが、ことごとく斥けて
丹那山の怪 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
白魚河岸のおじさんと云うのは黒沼の親類で、姓を吉田といい、白魚の御納屋に勤めている。
半七捕物帳:69 白蝶怪 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)