“納屋倉”の読み方と例文
読み方割合
なやぐら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、殺すといい、殺してくれと叫んでいた男と女が、気だるい春昼納屋倉に、蒸れ合うばかりな情炎の餓鬼となって苦悶した。
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「したじゃございませんか——ほれ、剣山の口の——あのむし暑い納屋倉の中で、納豆みたいになりながら、いつまで、シクシクシクシクと」
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)