“納屋方”の読み方と例文
読み方割合
なやかた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さて納屋方では兩夫人を内藏に入れ、又家捜しをせられた時の用心に、主人小左衞門が寢所の板敷を疊一疊の幅だけ穿つて、床下に疊を敷き、藏からそこへ移すことの出來るやうにして置いた。
栗山大膳 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)