明るき世界へあかるきせかいへ
小さな木の芽が土を破って、やっと二、三寸ばかりの丈に伸びました。木の芽は、はじめて広い野原を見渡しました。大空を飛ぶ雲の影をながめました。そして、小鳥の鳴き声を聞いたのであります。(ああ、これが世の中というものであるか。)と考えました。 ど …
作品に特徴的な語句
みぐるし うえ うえ たたか むら すく どう 最初さいしょ 一方いっぽう うしな おと 見下みお しん 準備じゅんび がん らく そん つい てん さん がた ねつ おびや ぶん まも あら 容易ようい 大風おおかぜ くつがえ よる ずん たい かた くる ごえ 堤防ていぼう わか 愛想あいそう ほう めい 味気あじけ あか むか 希望きぼう 生活せいかつ ひま 生命せいめい たっ 獣物けもの のち ぶか つよ なか 火影ひかげ 群集ぐんしゅう にん 欲深よくぶか 老人ろうじん 代々だいだい あたま しず きゅう 青葉あおば からだ あや やわ ぐも ひか のぞ 年寄としよ 幾人いくにん あいだ かたむ ぽん きん ねん ほそ いし 粗野そや やぶ こた そら