“海門”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うみのと33.3%
かいもん33.3%
33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“海門”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 通過儀礼・冠婚葬祭16.7%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
海門うみのと近くかいるも
花守 (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)
一首の意は、〔ともしびの〕(枕詞)明石あかし海門かいもんを通過する頃には、いよいよ家郷の大和やまとの山々とも別れることとなるであろう。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
万葉集に『沖つ国知らさむ君がやかた黄染きじめの棺神の海門渡る』とあるのは、黄に染めた柩が浪のままに流れて往く水葬の光景を詠じたものである。
本朝変態葬礼史 (新字新仮名) / 中山太郎(著)