“海門”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うみのと25.0%
かいもん25.0%
25.0%
みなと25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一首の意は、〔ともしびの〕(枕詞)明石海門を通過する頃には、いよいよ家郷の大和の山々とも別れることとなるであろう。その頃には家郷の大和も、もう見えずなる、というのである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
万葉集に『沖つ国知らさむ君が黄染めの棺神の海門渡る』
本朝変態葬礼史 (新字新仮名) / 中山太郎(著)