“みなと”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ミナト
語句割合
53.1%
34.4%
水門8.6%
水戸1.6%
海門0.8%
港内0.8%
貿易港0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
津浪とはれる大津浪であつて、暴風など氣象上變調からることもあるが、ろしいのは地震津浪である。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
これは川へのぞむ前のあのしい諦観と苦憂の半ばにあって、ただ永劫へかけての和と人の善智とを信じようとしていた当時の正成を
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かれその水門に名づけて和那美水門といふなり。またその鳥を見たまへば、物言はむと思ほして、思ほすがごと言ひたまふ事なかりき。
水戸の神の子孫のクシヤタマの神を料理役として御馳走をさし上げた時に、咒言を唱えてクシヤタマの神がになつて海底に入つて、底の埴土わえ出て澤山の神聖なお皿を作つて
三度目か四度目に市庁坂を下りる時、渠は辷るまいと大事を取つて運んで居た足を不図留めて、広々とした港内の夜色を見渡した。
病院の窓 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
何國かの貿易港漂着するとか、兎角して救助られぬもあるまいとへたのである。