“黄染”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きじ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
万葉集に『沖つ国知らさむ君がやかた黄染きじめの棺神の海門渡る』とあるのは、黄に染めた柩が浪のままに流れて往く水葬の光景を詠じたものである。
本朝変態葬礼史 (新字新仮名) / 中山太郎(著)