本朝変態葬礼史ほんちょうへんたいそうれいし
我国で古く屍体を始末することはハフル(葬)と云うていたが、この語には、二つの意味が含まれていた。即ち第一は投るの意(投げ棄てる事)で第二は屠るの意(截り断つ事)である。しかして時間的に言えば投るが先で屠るが後なのである。 須佐之男命が古代の …
作品に特徴的な語句
ゆき わな とど いたきわざ 巫女のろくめ そなへ ふせ いざ はふり めぐ かか によ 亡者なきひと やかた 三月やよい みう 夷人アイヌ とむらい あなが 悲傷いたみ はふ 死亡みまか 海門 そそ 狩猟かりくら ゆる 資人けらい さかさ 供御ぐご 大蔵だいぞう 差支さしつか かすか むご かか ほう 有功いさお かじ したが なき 泣女なきめ すがた 石室せきしつ 神代じんだい おき あつま 船入ふないり 蒲葵くば 薙髪ていはつ もう くだ 一度ひとたび うち 丹生にう これ いささ 其処そこ なかば けい 墓所はかしょ 奥津おきつ 将臥もちふ しかばね ほふ 左迄さまで ついで 弓持ゆみもち あわ 戸尻とじり 手許てもと こしら さら 散梟さんきょう たお さら まき 棄戸すたへ 氏宗うじのかみ 水持みずもち 泣女なきおんな ほろ 流記るき 浜床はまゆか わた ようや 火定かじょう 熱塩あつしお 爛臰くちくさ ここ 痲疹はしか 禅定ぜんじょう 稍々やや