“はば”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
32.6%
26.1%
25.0%
9.1%
4.0%
幅員0.7%
0.7%
0.4%
羽羽0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
現に我々の親・おおじの通って来たが是であり、今でも一部の同胞が天然にまれて、なお脱却しかねている境涯も是だからである。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
だんだん、下にさがるほど、鉄骨のが広くなって、展望台のすぐ上まできたとき、長島君は、思わず「あっ。」と、声をたてました。
電人M (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
高枕したまま起きようともしない主水之介の居間にもその夕やみが忍びよったとき、突然、玄関先でるようにのうた声がある。
第一に孤蝶子——馬場氏が日記の中でをきかしている——先生の熱心と、友愛の情には、女史も心を動かされた事があったのであろう。
樋口一葉 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
攘夷の実を行うわざるがために、その一天万乗の君主が攘夷を勅し、幕府これをみしがために、遂に幕府を倒すのむを得ざるに到りしのみ。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
「見給え」と、頚に着いている紫いろの痕と、その紐を指さして較べながら、「幅員が違いますね」
ロウモン街の自殺ホテル (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
まれた時は、どうなるかと思いました。幸いにその途中で夫に逢えたもんですから、こんな幸運て、ちょっとありませんわ
英本土上陸戦の前夜 (新字新仮名) / 海野十三(著)
、いたこッて何んだ?——山利さいたこ来てな、今日おばおろして貰ったけな、お父死んで、火の苦しみば苦しんでるんだとよ。」
不在地主 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
さ云ってやるから!」——由三は大声で泣きながら、通りを走り出した。
不在地主 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
また我に接吻けて羽羽たく白鳥
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
不死鳥羽羽たきだ。
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
清潔ずきで、身綺麗だった祖母に愛されたとはいえ、祖母はもう七十三歳にもなっていたので、抱きかかえての愛ではなく、そしてまた、祖母の昔気質から、もろもろのことをまれもしたり
茶の後、直ぐ川を渡って針葉樹林の生態を見に行く。程の急流に、の大木が倒れて自然に橋をなして居る。幹を踏み、を踏み、終に枝を踏む軽業、幸に関翁も妻も事なく渡った。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
画帖の画も、狸が亀を押しころがしてジッと前足で押さえて居たり、蛇がたく雀をわんぐりとえて居たり、大きな猫が寝そべりながらい眼をしてまだ眼の明かぬ子鼠の群をんで居たり
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)