“ひろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヒロ
語句割合
17.7%
17.3%
14.1%
10.9%
7.3%
6.4%
4.2%
3.7%
2.7%
2.5%
2.5%
2.2%
1.8%
1.6%
徒歩1.1%
0.6%
0.6%
0.4%
0.3%
広大0.2%
披露0.2%
0.2%
歩行0.2%
0.2%
展伸0.1%
展開0.1%
0.1%
広濶0.1%
0.1%
拡大0.1%
0.1%
比呂0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
若い人は、いせいよく声をかけながら、新しい麻裏ぞうりで要吉のまいた水の上を、ひょいひょいときにとんでいきました。
水菓子屋の要吉 (新字新仮名) / 木内高音(著)
それは越後の風習で宅の母なども毎年修繕してつかいました。亀の子をふせて幾重ともなく真綿をげ、新しいのを上に被せます。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
い、い、い、……を、えたので、暗夜ました。……坊主狐火だ、とつたんです。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
そこの大きな骨董屋へはいってまず直入を出したが、奥から出てきた若主人らしい男はちょっとげて見たばかしで巻いてしまった。
贋物 (新字新仮名) / 葛西善蔵(著)
裾野き、小松原れて、夕暮富士山白妙ぐなる前髮夫人あり。る。
婦人十一題 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
黒い肌を生漆のように艶々しくみがきあげた毛並みの下に、一もあろうと思える肉が細やかに動いている。七、八歳の男盛りの闘牛だ。
越後の闘牛 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
「こっちへおよんなさい。寒いから。」と母親のお豊は長火鉢の鉄瓶して茶を入れながら、「いつおめしたんだえ。」
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
その場で斬られるのが落ちで、怨嗟と恐怖が、下町一パイに、夕立雲のやうにがつて行くのを、どうすることも出來ない有樣でした。
またいう、コンモードは水陸ともに棲む、十五フィート周十八インチ、頭く、尾細長くてる、褐色で脊と脇に栗色を点す。
先づ身におぼゆるは日の暖さ、手に觸るゝは神社の圓柱の大いなる、霸王樹の葉のき、耳に聞くはさま/″\の人の馨音などなり。
「何分、わたくしは、御当地に始めての旅の者、殊更、取り急ぎます日暮れ時、何事もお心うお許し下されますよう——」
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
氏は実に世にも得難き碩学の士でく百科の学に精通し、それがまた通り一遍の知識でなくく皆深邃の域に達していられた。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
「さ、これをあげましょう」と下締を解く。それを結んで小暗い風呂場から出てくると、藤さんが赤い裏の羽織をげて後へ廻る。
千鳥 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
裏梅の模様を付けた物がずいぶん流行したが、この六三がけのように、一つの狂言に因んだ物がこれほどくは行なわれなかったようである。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
も、稀れに侍女どもを連れて、ちとそこらを徒歩うてみたがよい。……秋草のさかり、昼の月にすだく虫の音、安倍川は今がよい季節
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かに夜は明けて来た。私は車窓の明るくなつて来るのを感じた。い野に銀のやうな霧が茫とかゝつて、山も丘もぼんやりとぼかしのやうに空に彫られてあるのを私は感じた。
アカシヤの花 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
懐中も冷めてえが浮世も冷めてえ」もう一度呟やいたがコツコツと行く。突っ張る杖も覚束ない。胸をらせて首を縮め、さもあぶなっかしいい方である。
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
はじめは何処のお子さんといたりして、姉妹で私の肩上げをつまんだりの振りを揃えて見たりしていたが、段々に馴染んで先方でも大っぴらに表の障子を明けげて
どこか、今までの彼のに、無碍の円通が加わってきた、自由さ、明るさ、さである、一日ごとが、生きがいであった。生きているよろこびであった。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
鋲打ちの門や土塀などに囲まれた、それは広大い屋敷であったが、いかにも古く、住人も少ないかして、森閑としていた。頼母は、古びた立ての置いてある玄関から、奥へ通された。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
別人のような達者なからだになって山を下りられる——と旅の者の口が披露めて、おのずから諸国へ散ったのであろう。この、幕運ようやく衰えかけて、天下なにとはなしに騒然たる時節である。
煩悩秘文書 (新字新仮名) / 林不忘(著)
交通機関の拡がるのは、風の弱い日の火事の拡がるように全面的ではなくて、不規則な線に沿うて章魚の足のごとく菌糸のごとくがり、又てづるもづるの触手のごとく延びるのである。
猫の穴掘り (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
「そうじゃろが、この婆もちと、きょうは歩行い飽いた。したが、さすがに住吉の、見事な結構ではある。……ホホ、これが若宮八幡の秘木とかいう橘の樹かいの」
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
欣然として 煩襟うす。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
大塔宮様の家臣として、行動をにし千辛万苦をした、戦友の過去の出来事が、一瞬間眼前に展開がって見えた。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ホイットマンが驚くべきさと深さとで歌ったあの‘Open Road’である。路地ではない。あの都に入る誰でもが踏むべき大通りである。かつて民藝はかかる公道を歩いたではないか。
工芸の道 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
殊に其日の空気はすこし黄に濁つて、十一月上旬の光に交つて、斯の広濶谿谷を盛んにるやうに見せた。長い間、二人は眺め入つた。眺め入り乍ら、互に山のことを語り合つた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
その時も私の方から、御褒め申せば、もう何よりの御機嫌で、羽翅げるように肩を高くなすって、御喜悦は鼻の先にも下唇にも明白見透きましたのです。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
それにしても、蜘蛛の網が、何んとその領分を拡大めたことであろう! 紙帳の天井にさえ張り渡されてあるではないか。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ここにりここにひ、を求めて之を得たり、しくむに稗官小説を以てし、実をひ、疑ひき、皇統を正閏し、人臣を是非し、めて一家のを成せり。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
また息長眞手の王が女、比呂比賣の命に娶ひて、生みませる御子、忍坂日子人太子、またの名は麻呂古の王、次に坂の王、次に宇遲の王三柱。
私たちのゆくては限りなく
大大阪のれいめい (新字新仮名) / 安西冬衛(著)
奥さんは子さんと申します。やはり同じ土地のひとで、全然の媒酌です。家じゅうの人が皆実にいい人たちだもんだからお嫁さんも安心しているのよ、今のところは。
其時、人々の背後に腰掛け、手帳を繰りげ、丑松や文平の肖顔を写生し始めたのは準教員であつた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
風はに吹き、星は新に輝ける一大荒原の、何等の旨意も、秩序も、趣味も無くて、唯濫はれるに過ぎざる
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)