“拡大”のいろいろな読み方と例文
旧字:擴大
読み方割合
かくだい33.3%
ひろ33.3%
ひろげ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ぼくはさらに連盟を拡大して世界の少年とともに、健全な王国を組織したいと思っているのだ。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
それにしても、蜘蛛の網が、何んとその領分を拡大めたことであろう! 紙帳の天井にさえ張り渡されてあるではないか。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
あんぽんたんの好奇心は拡大られた。並び茶屋を出したおしょさんの若い時分はどんなだろう、盲目のおばあさんの、大名のお部屋さま時代はどんなだろう。