“はだ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ハダ
語句割合
44.8%
40.5%
皮膚3.8%
3.2%
1.6%
肌膚1.4%
0.9%
0.7%
0.5%
0.5%
0.5%
波田0.2%
0.2%
0.2%
木理0.2%
0.2%
様模0.2%
皮肌0.2%
開張0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ものゝ非常鋭敏で、などにれるものをることの出來しい文學者であつたことをせてゐます。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
次郎は、表面張力によってやや盛りあがり気味に、真白な磁器のをひたして行く自分の血を、何か美しいもののように見入った。
次郎物語:04 第四部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
寒さがギリ/\と、むしろの上から、その下の外套を通して、着物を通して、シヤツを通して、皮膚へ、ぢかにつき刺さつてきた。
防雪林 (旧字旧仮名) / 小林多喜二(著)
けた患者の大きい下腹が、呼吸をするたびにひこひこして、疲れた内臓の喘ぐ音が、静かな病室の空気に聞えるのであった。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
外套氏大欠伸をしてきた。口髯茶色をした、けた人物で、ズボンをけて、どつかと居直つて
銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
容貌の美醜などは、もとより子供の私には分らなかつたが、色が白くて肌膚の美しいといふ点では、恐らく他に比もあるまいと思はれた。
乳の匂ひ (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)
けられた胸部には、丁度心臓の真上のに、細長い穴がぽっかりいて、その口元には、白い肉片がむしり出ていた。
カンカン虫殺人事件 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
この山は老樫おほし見てゆくにらの小雪てつかぬなき
風隠集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
神官の田沼万次郎が怪しんで、折柄そこに居合せた宿屋の番頭に行って見て来いと云い付けました。番頭が行って見ると、ひとりの若い男がぬぎになって雪の中に立っているのです。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
片肱を白襯衣の肩へ掛けて、円々しいを頬杖でせかけて、何と、危く乳首だけ両方へかくれた、一面にけた胸をずうずうとって、(おお、辛度。)ととらしい京弁で甘ったれて
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
急ににこ/\してその前にかつた。
波田は、サンパンの下からはい出してなおも一生懸命に、煙突にもたれて、寒さと、つかみどころを同時に得ながら見入っていた。
海に生くる人々 (新字新仮名) / 葉山嘉樹(著)
そして、いつでもは安井がボーイ長の職務として、食事の準備、あと片づけ等はするのであったが、今日は、波田が引き受けた。
海に生くる人々 (新字新仮名) / 葉山嘉樹(著)
振り返り見れば紋十郎が仁王のように立ちかり、ご老師ご発明の投げ爆弾へ口火を付けて振りかざし、この私の胸のあたりを狙っているではござりませぬか
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「わあ、われ悪くてでひといだなあ。」と言ってまた五郎をなぐろうとしました。
風の又三郎 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
唐獅子青磁る、口ばかりなる香炉を、どっかとえた尺余の卓は、木理光沢あるを吹いて、茶を紫に、紫を黒に渡る、胡麻やかな紫檀である。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
岩穴に入りてる、衆初めて其伏流なるをり之をとす、山霊して尚一行をくの意乎、将又れに利根水源の深奥るべからざるをふの意乎、此日の午後尾瀬がるの途中
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)
「大理石の様模をあたうるには、随意ところの一色を塗り、これに脈理を施して天然のものにし、後に落古せて出しするをとす——。」
元禄十三年 (新字新仮名) / 林不忘(著)
投げ出した紙片と肉一片——毛髪の生えた皮肌の表に下にふっくらとした耳がついて、裏は柘榴のような血肉のりだ。暑苦しい屋根の下にさっと一道の冷気が流れる。
足袋裸足で痛痛しい、胸が開張けて、雪の肌が白百合の匂ひ、島田の根が外れて忙しい呼吸である。
二十三夜 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)