“はだか”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
裸体56.3%
25.3%
裸體6.5%
裸身4.2%
赤裸2.7%
1.1%
0.8%
丸裸身0.4%
0.4%
裸々0.4%
裸骸0.4%
赤条々0.4%
赤條々0.4%
0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「実はそこに、自分を裸体にさせない気持がんでいるからさ。見たまえ、夢中になって踊っている人間は皆ムキ出しの人間だ——」
鳴門秘帖:06 鳴門の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
薄暗い部屋へ入って、さっそくにして、壁へ立てけて、じっとその前へり込んでいると、洋灯を持って細君がやって来た。
永日小品 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
忽ち四五十人の若者が裸體になつて海に飛び込む。或人は神輿にかかる。他の人は一人一人鹿島踊の人を背に乘せて渚に運んでやる。
海郷風物記 (旧字旧仮名) / 木下杢太郎(著)
南国の孤島において、委員長は、あいかわらずの裸身で、事務をっていた。例の太いはもう見えない。
いくらこつこつやったって、まさか赤裸で飛び出して、を明ける訳にも行かないから、風呂の中から大きな声で、おい何だと用事を聞いて見た。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
『ハア、怎うも。……それでゐて恁う、始終何か喰べて見たい樣な氣がしまして、一日口按排が惡う御座いましてね。』とお柳もつた襟を合せ、片寄せた煙草盆などを醫師の前に直したりする。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
源助はニタリ相好を崩して笑ひ乍ら、入口に立ちつたが
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
少年達は、丸裸身で、その狭い竪坑をのぼり、坑道を通って鉱石を運んでいた。
雲南守備兵 (新字新仮名) / 木村荘十(著)
「未だ帰りませんで……。」とそこへ窮屈さうに小さく坐つて、何時も叱られる胸前りを取締て居る。
茗荷畠 (新字旧仮名) / 真山青果(著)
曳哉、曳! の奮迅の勢ひで突き進んで行く綺麗に黒い裸々人形の歌声だけが微かに聞えてゐた。
円卓子での話 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
旦那前様吃驚さつせえたらうが、前刻一所に、裸骸けるのをは、やれ、五十年百年目には、るか、と魂消ましけえ。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
つな、るな、貴下いことをするじゃあありませんか。三日も飯を喰わさないで眼もんでいるものを、赤条々にして木の枝へし上げてな、銃の台尻でもってるです。ま、どうでしょう。
海城発電 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
左様です。つな、るな、貴下いことをするぢやあありませんか。三日もを喰はさないで眼もむでゐるものを、赤條々にして木の枝へし上げてな、銃の台尻で以てるです。
海城発電 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
と一斉にきながら、手を挙げたり、足をつたりした。
フアウヌスは下品な、愉快げな様子をして、平手での胸をぴたりと打つた。その音が余り好いので、小さい女人形達は夢見心地になつた。
クサンチス (新字旧仮名) / アルベール・サマン(著)