毒瓦斯発明官どくガスはつめいかん――金博士シリーズ・5――――きんはかせシリーズ・ご――
蒸し暑い或る夜のこと、発明王金博士は、袖のながい白服に、大きなヘルメットをかぶって、飾窓をのぞきこんでいた。 南京路の雑沓は、今が真盛りであった。 金博士の視線は、さっきから、飾窓の小棚にのせられてある洋酒の群像に釘づけになっている。いや、 …
作品に特徴的な語句
かおり さが とどま げん いり つら シャフト 博士せんせい かえ 海面かいめん きわ がら 常人じょうにん あて 一揺ひとゆ 高価こうか 間髪かんぱつ しゅ きびす 裸身はだか ひょう 臭気しゅうき うなず 結構けっこう 等々とうとう 突如とつじょ 相成あいな さか 生血いきち かか 従来じゅうらい 引揚ひきあげ あやう 古城こじょう 二言にごん げん 他愛たあい かぶ 直々じきじき 真上まうえ 真暗まっくら 真盛まっさか 真直まっすぐ 矢庭やにわ 砂地すなじ やぶ 確乎かっこ 前跼まえかが 突込つっこ はし 筆勢ひっせい 刺戟しげき 糖分とうぶん 凌駕りょうが 冗談じょうだん 絶交ぜっこう 緩慢かんまん すが 肝腎かんじん 入用いりよう 胴中どうなか 腹心ふくしん みずか 自覚じかく 傍聴ぼうちょう 至極しごく きょう 舷門げんもん 芳醇ほうじゅん 芳香ほうこう そば 蜘蛛くも 蟷螂かまきり 余計よけい 余程よほど 陳腐ちんぷ 顛末てんまつ くび あご おもて 雑沓ざっとう 鉄管てっかん さび 風貌ふうぼう おちい