“裸々”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
らゝ66.7%
はだか33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“裸々”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その裸々らゝとした幹の根元から、芽も籠る枝のわかれ、まだところ/″\に青み残つた力なげの霜葉まで、日につれて地に映る果樹の姿は丑松の足許あしもとにあつた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
裸々らゝとしてかうぶらず
孔雀船 (旧字旧仮名) / 伊良子清白(著)
乗り手の顔かたちは、とうに見定めがつかなかつたが八丁櫓と六丁櫓の夫々の漕ぎ手が此処を先途と腕をそろへ、息を合せて漕げや漕げ、曳哉えいや、曳! の奮迅の勢ひで突き進んで行く綺麗に黒い裸々はだか人形の歌声だけが微かに聞えてゐた。
円卓子での話 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)