クサンチス
飾棚だの飾箱だのといふものがある。貴重な材木や硝子を使つて細工がしてある。その小さい中へ色々な物が逃げ込んで、そこを隠れ家にしてゐる。その中から枯れ萎びた物の香が立ち昇る。過ぎ去つた時代の、人を動かす埃がその上に浮かんでゐる。昔の人のした奢 …
作品に特徴的な語句
いう 微笑ほゝゑみ 光明くわうめい かをり ごん ゑひ 希臘グレシア 金色きんしよく こぼ ばく くれなゐ 豊饒ほうねう もつとも 可哀かはい あざけり 耳朶みゝたぶ そよ ひね 裸形らけい うす あかゞね めぐ 貴人きにん おん ひそか 饒舌しやべ 競売せりうり 欷歔すゝりなき とこ 古鉄ふるかね ひかげ よそほ かたど 為合しあは にく いか 亜鉛とたん あたま 序開じよびら かな 己惚うぬぼれ おれ かゞ 啓示けいし しきゐ さは はだか 草臥くたび 腠理きめ うち 胡坐あぐら 黄金こがね きざ ことば ゆる のが いとま はか 領飾えりかざり 震慄しんりつ 数奇すき 例之たとへ 円柱まるばしら はげ 和蘭オランダ むせ 哭声こくせい はか その 場知ばしら いち とばり 幾度いくたび すた 形附かたつき おきな めぐ 明色めいしよく 棄売すてうり くつ さら 為口しくち 牧場まきば 猶太ユダヤ 白粉おしろい 硝子ガラス やしろ まつ ほこら ふし 罵詈ばり