“大欠伸”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おおあくび76.7%
おほあくび23.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“大欠伸”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
寝呆ねぼけまなこをこすりながら、顔中を口にして、ううんと大欠伸おおあくびをした拍子ひょうしに、またもやドカーン。
少年探偵長 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「しかし今日は好い案排あんばいに暖かいね。母上おっかさんでも今日は大丈夫だろう」と両手を伸して大欠伸おおあくびをして
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
平次は煙草をポンと叩いて、天井を突き拔けるやうな大欠伸おほあくびをしました。岡つ引根性を無駄に刺戟されて飛んだ緊張が馬鹿々々しかつた樣子です。
ガラツ八の八五郎は咽喉佛のどぼとけのみえるやうな大欠伸おほあくびをしました。