“生欠伸”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なまあくび100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“生欠伸”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 歌舞伎4.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.5%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
理窟をいふ間で手を叩いて大きく笑つたり、説諭を聞く間で生欠伸なまあくびをしてこくりこくりと居睡いねむりをするも好し。
火が少しおこり掛けたという柿を積んだ、脊の低い影のごときばあさんが、ちょうど通りかかった時、生欠伸なまあくびを一つして
卵塔場の天女 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)