“章魚”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たこ92.6%
だこ6.2%
タコ1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いわるるままに、章魚のような物が出来上がり、ガクガク歯の根をならして地に坐りこむ。石秀はすぐ自身の衣類を彼のと着替えて
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
入口にはいつもの魚屋があつて、塩鮭のきたない俵だの、くしやくしやになつたのつらだのが台にのり、軒には赤ぐろいゆで章魚が、五つつるしてありました。
山男の四月 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
茹でた章魚を切りながら、章魚といふものをよく見て、もう章魚のうまさの半分を無くしてしまつた、それほど章魚は怪物だ、グロのグロだ
其中日記:01 (一) (新字旧仮名) / 種田山頭火(著)