“こば”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:コバ
語句割合
87.2%
胡馬1.9%
木片1.4%
1.4%
木場0.9%
木端0.9%
木羽0.9%
光葉0.5%
古婆0.5%
0.5%
小端0.5%
小葉0.5%
0.5%
胡場0.5%
蒲葵0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すると彼女は私のこの無躾な仕草をまなかったばかりでなく、僅かに首をうなずかせて、私の申出でをも受入れて呉れたのである。
陰獣 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
「なら、胡というのは、どうだ。胡馬北風にいななくの胡だ。を亡ぼすものは胡なり、の胡だ。これなら、貞任宗任の子孫らしいぞ」
胡堂百話 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
柿の葉の濡れてかぶさる木片屋根に夜ふけて来る月のかげあり
風隠集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
更に、その時計を進ませたと云うのには、何か幡江の追及をむ意外にも、意味があるのではないだろうか——などと考えて来ると、法水の頭の中が急にモヤモヤとして来た。
オフェリヤ殺し (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
木場さん。こんなことを
黄金仮面 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
園はまた父の手紙を見つめたまま、右手の指で机の木端きながら長く考えつづけた。
星座 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
春も稍深なれば雪も日あたりはあるひは焼火の所雪早くるにいたりて、かの屋根のじたる処木羽の下たをくゞりなどして雪水ゆゑ
赤穂郡矢野村小河(いまの相生市)の旧家光葉という、妙な苗字の家の出であった。この家は蘇我馬子の家臣光菴の子孫とか伝えている。
故郷七十年 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
橘の古婆のはなりが思ふなむ心しいでは行かな (同・三四九六)
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
三斎もそれをまん由はなく、今し甲士が分捕ってらしたばかりの一巻をとって、政宗の手に置いた。
大菩薩峠:34 白雲の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
そしてしばらくは手紙を開封することもなく、人さし指を立てて机の小端を軽く押えるように続けさまにたたきながら、じっと眼の前の壁を見つめていた。
星座 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
「あれは合歓木の木立でしたよ。そら、昼のうちは暗緑色の小葉を開いていて、夕方になると、眠るように葉の表面をとじ合わせて、白っぽい裏を出してしまう……」
闖入者 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
ぎ枝にひたる燕の揺れ一羽は宙にまだ羽うちつつ
雀の卵 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
胡場北風き、越鳥南枝くふ、故郷がたきは世界の人情也。
その人は、荷物が軽くて勿体ないといって背負いこみたいな簠簋蒲葵の葉を一束つみ、その上に私の鞄と靴をのせてきてくれた。
故郷七十年 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
薙刀の折れでもあるような細いが、彼女のやかな手に振上げられた。あっと、武蔵が息をむ間に、はやその鉈の刃は、琵琶のへ深く入っていた。
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
痛惻にへざるなり、彼等は高妙なる趣致ある道徳を其門にみ、韻調の整厳なる管絃を謝して容れず、卑野なる楽詞をて飲宴の興を補ひ、放縦なる諧謔を以て人生を醜殺す。
徳川氏時代の平民的理想 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
ての頼みをみ難く、態々迎ひに來たと語るのであつたが、然し一言もお定に對して小言がましい事は言はなかつた。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)