星座せいざ
その日も、明けがたまでは雨になるらしく見えた空が、爽やかな秋の朝の光となっていた。 咳の出ない時は仰向けに寝ているのがよかった。そうしたままで清逸は首だけを腰高窓の方に少しふり向けてみた。夜のひきあけに、いつものとおり咳がたてこんで出たので …
作品に特徴的な語句
とおと 印象イメージ うし うわ とむ しり ふる ゆう あうら ふとこ 赤心あかしん しも ぎょう とが おん せい はにか くだ 嬌羞はにかみ 黒斑こくはん めず じょう そこ うつ いそ あわた おびやか まば ゆる まだ なな はず じょう にぎわ はず 後嗣あとつ しず あぶ おびや 挙止ものごし そん ことわ 面皮つらのかわ ほがらか 一寸いっすん きた くすぶ ぬす じょう がら 河岸かわぎし ひも 白痴はくち たまり くわだ 玩具がんぐ 水月みぞおち ともな なめ 不束ふつつ はじ あて こう 白露はくろ たた 小賢こざ 小端こば みぞ ばかま 王侯おうこう よわい 狂癲きちがい にぎや 猪口ちょこ ささ 痛悔つうかい うるお 見窮みきわ 女郎じょろう
題名が同じ作品
星座 (新字新仮名)今野大力 (著)