“小端”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こば50.0%
こばし50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“小端”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そしてしばらくは手紙を開封することもなく、人さし指を立てて机の小端こばを軽く押えるように続けさまにたたきながら、じっと眼の前の壁を見つめていた。
星座 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
小端こばしいくらになんでえ」とさらいた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「それぢや差引さしひき四十一せんりん小端こばしか、こつちのおつかさま自分じぶんでもあきねえしてつから記憶おべえがえゝやな」商人あきんど十露盤そろばんつて
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)