“さえ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
41.1%
31.1%
13.3%
小枝3.3%
2.2%
道祖2.2%
2.2%
1.1%
小江1.1%
左枝1.1%
1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女をぎろうとするお延の出鼻をえつけるような熱した語気で、自分の云いたい事だけ云ってしまわなければ気がすまなかった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
このかすかな梅の匂につれて、返る心の底へしみ透って来る寂しさは、この云いようのない寂しさは、一体どこから来るのであろう。
或日の大石内蔵助 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
こんな話に時の移るのを忘れているに、庭にずる小禽の声も止んで、冬の日影はほど薄くなった。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
土堤の枯草、りつき白くきびしく、両側立枯並木、いよいよに白くさびしく、雪空の薄墨色にこまごまと梢明り、下空小枝のほそ枝立ちつづき、見れども飽かず、入り交り網目して透く。
観相の秋 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
下心。——天下諸人阿呆ばかりぢや。不才もわかることではござらぬ。」
孔雀 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
奥州名取郡笠島道祖は、都の加茂河原の西、一条の北のに住ませられる、出雲路道祖御娘じゃ。
俊寛 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
なあ、俺も不浄が稼業でね、根掘り葉掘り嫌なことを言い出すかも知れねえが、気にねえでおくんなせえよ。乙にしたり絡んだりされるてえと事あ面倒だ。一つ直に談合しようじゃごわせんか。
九八 路の傍に山の神、田の神、の神の名を彫りたる石を立つるは常のことなり。また早池峯山・六角牛山の名を刻したる石は、遠野郷にもあれど、それよりも浜にことに多し。
遠野物語 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
もし小江の葦蟹を貰ったら辛塩を塗り臼でついて塩にして永く貯えの珍味とする。こういう才覚が母によって仕込まれた。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
「なるほど、事情を知らん君は、そう思うだろうがね。いまの男を、君は誰だと思う。知っておるじゃろう——つい四、五年まえ、主任検事級で鳴らした左枝八郎という方を……」
地虫 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
何か斯う、独占出来得べきものを、人にぎられて居ると云ったような心持がはっきり感じられた。