“道祖”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さえ40.0%
だうそ20.0%
ふなど20.0%
フナド20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
道祖の神のにして、んでいる沙門のなざしが、いかに天狗の化身とは申しながら、どうも唯事とは思われません。
邪宗門 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
伏拝越えつつくだる道の奥道祖の神にたてまつる
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
孝謙天皇の皇太子は道祖王で、天武天皇の孫に当り、他に子供のない聖武天皇は特にこの人を愛して、皇太子に選んだ。
道鏡 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
孝謙天皇の皇太子は道祖王で、天武天皇の孫に当り、他に子供のない聖武天皇は特にこの人を愛して、皇太子に選んだ。
道鏡 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)