道鏡どうきょう
日本史に女性時代ともいうべき一時期があった。この物語は、その特別な時代の性格から説きだすことが必要である。 女性時代といえば読者は主に平安朝を想像されるに相違ない。紫式部、清少納言、和泉式部などがその絢爛たる才気によって一世を風靡したあの時 …
作品に特徴的な語句
おびと ほろぼ つかさど たまわ 一世いっせい くわだ 供御くぎょ ちな 温和おんわ 盲目もうもく 臥床がしょう 追捕ついほ 道祖ふなど はか 凜々りんりん はく いと 安宿あすか つつ 所知しらす むね ふく 枕頭ちんとう おおむ 為体えたい 畿内きだい 繊細せんさい かげ 聖旨せいし だく 首肯しゅこう 一途いちず 不問ふもん 主神かんづかさ あだ たくら 伝承でんしょう 伽藍がらん くらい はべ 傀儡かいらい いた 内裏だいり 冥福めいふく 凜冽りんれつ 利巧りこう 剃髪ていはつ 割拠かっきょ 勃興ぼっこう ちょく なかば 卑下ひげ 却々なかなか 叡智えいち 各〻おのおの 合議ごうぎ 名刹めいさつ いな 周到しゅうとう とが わめ 地下じげ 執拗しつよう 天啓てんけい 夭折ようせつ 女傑じょけつ 威風いふう 孜々しし ちょう 寵愛ちょうあい 寸刻すんこく 専横せんおう なお 崩御ほうぎょ 左遷させん 建立こんりゅう 彷彿ほうふつ 律令りつりょう 微塵みじん 念頭ねんとう 忿怒ふんぬ 怜悧れいり 怨嗟えんさ 悪辣あくらつ 悶死もんし 情操じょうそう 慟哭どうこく いきどお 懇願こんがん たく 披露ひろう 抱負ほうふ
題名が同じ作品
道鏡 (新字旧仮名)坂口安吾 (著)