俊寛しゅんかん
俊寛云いけるは……神明外になし。唯我等が一念なり。……唯仏法を修行して、今度生死を出で給うべし。源平盛衰記 (俊寛)いとど思いの深くなれば、かくぞ思いつづけける。「見せばやな我を思わぬ友もがな磯のとまやの柴の庵を。」同上 俊寛様の話ですか? …
作品に特徴的な語句
御上おんのぼ がわ しも ぱれ ほどばし 湿気しっき うえ おく とど たか なつか かかわ 寝所ねどころ ほとり あが 鹿しし 御手おて こう いん 老耄おいぼ 御姿おすがた 人皇にんおう がん おお うしろ 舟子ふなご 苦笑くしょう けん わらわ むな すさ りょう かた あめ 疱瘡もがさ つかわ びょう 御眼おめ 御文おふみ 御睦おむつま 御拵おこしら 紅染べにぞ 御門みかど 粕漬かすづ 御出おい 笹葺ささぶき 胡人えびす 恋歌れんか のち まい なら 平家へいけ たいら わか はま 所業しょぎょう 容易ようい はい 如何いかん ぬぐ ちぎり 大路おおじ 執行しゅぎょう 日吉ひよし なか とん がお さき 今日きょう 生死しょうし 法施ほっせ あずま じに かわ たん 円座わろうだ そな 商人あきゅうど 鹿狩ししがり うお かよ 榕樹あこう
題名が同じ作品
俊寛 (新字新仮名)菊池寛 (著)
俊寛 (新字新仮名)倉田百三 (著)