“ばう”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:バウ
語句割合
38.5%
13.2%
12.1%
5.5%
僧侶3.3%
3.3%
2.2%
2.2%
2.2%
2.2%
1.1%
1.1%
場打1.1%
子供1.1%
小供1.1%
1.1%
1.1%
1.1%
1.1%
1.1%
1.1%
茫乎1.1%
1.1%
1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
谿間の崖に臨むで建てかけた新建で、崖の中程からによつきりときあがつて、欄干の前でぱつと両手をげたやうなの古木がある。
茸の香 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
若旦那氣疲れ、魂倦れ、としてもつけられず。美少年けたあとを、夫婦相對して見合せて、いづれも羞恥へず差俯向く。
みつ柏 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
屹度返却します、屹度。』などとひながら、るなりつた。が、大約時間つてからつてた。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
かつて、みそらのじたるによりて
白鳥 (旧字旧仮名) / ステファヌ・マラルメ(著)
「日本の珍味です。東洋では主に僧侶さんの食物で、僧侶さんが賢くて、おまけに長命なのは、みんなこの食物だといはれてゐます。」
ありて金銀珠玉れり。西には漆器あり。蒔繪なるもののし。さてにこそ、りたるありけれ。一人玉女あり。けるがし。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
説郛と学海類篇とには、著者の名を宋鄭景璧としてあり、古今説海と稗海とには宋鄭景望としてある。恐くは同一の書で、との名を殊にしてゐるのは、一は是にして一は非であらう。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
鍋町に住んでゐる手習師匠の、お玉ガ池の用心棒で評判のよくない某、入谷の浪宅にぶつてゐる押借の常習犯で某と、十人ばかりの札付の浪人者が、町方の手で擧げられましたが
のさきには、をきたサムライや、振袖をきたオイランがだらりとをたれてゐました。
桜さく島:見知らぬ世界 (新字旧仮名) / 竹久夢二(著)
もつて遊興なしける中平馬靱負の兩人相尋ねべきあるに付所司代御役宅へ差出すべく旨日野殿へ掛合ありしかば南無と思ひ兩人申合其の夜の中に日野家を逐電して願山
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
存じてに相違は有舞サア眞直白状せよと意外られ彌十は南無三仕舞たりと思へども然有にて否々全く脇差はめ物に相違御座りませぬと云ば役人は左右ぢは不都合なる事を申ぞ脇差を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
此甲原臼杵二氏の外に、又伊勢の河崎良佐があつた。所謂「驥䖟日記」を著した人である。後に茶山がこれに序した。大意はかうである。河崎は自らに比して、我を驥にした。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
試験の場所に臨んで、いわゆる「場打て」がするような、気の弱い人物とは思われません。体格は堂々としている。弁舌は流暢である。
白髪鬼 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
六歳か……吾家子供は、袴着祝日今日賓客んで、八百膳料理御馳走したが、ヤアれが忌嫌だの忌嫌だのと、我意ばかりふのに、六歳でありながら親孝行
……乃公今日小供袴着祝宴があつて、賓客つたが少しばかり料理残余つたものがあるが、それをおげたいから、なにか麪桶かあるか、……麪桶があるならしな。
詩あり云ふ「百戰無功半歳間、首邱幸得家山。笑儂向死如仙客。盡日洞中棋響間」(編者曰、此詩、長州ノ人杉孫七郎ノ作ナリ、南洲翁ノ作ト稱スルハ誤ル)謂はゆる中に間を
れと詰寄するに流石の半四郎も仰天し南無大勢に見込れては我がはとてもものなり好々はぬ迄もで手込になされんや命の限り腕かぎりき散してらんものとらの松の木を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
汗に蝕むまなこゆゑ、 の鎖の火の数を
文語詩稿 一百篇 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
(三六)へ、なるをらず。神農(舜 )・(禹 )(三七)忽焉としてしぬ、(三八)くにか適歸せん。吁嗟(三九)かん。(四〇)へたるかな
摸写のものならん。名識印章並になし。竪幅二掛一対墨画十六羅漢明兆画とありて印なし。飛動気韻ありて且古香可掬。殿司の真迹疑べからず。駅長の家烏山侯霞崖の書せる安穏二字をす。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
し其をしてに至らしめば、則ち其の神明られざること、ふに當に何如たるべきぞや。凡そ孔子を學ぶ者は、宜しく孔子の志を以て志と爲すべし。
雪枝一度いだを、茫乎けて
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
高い橋の上から下をのぞくと、緑の水と白い砂地の境がと靡いてゐて、沁みるやうな苔深い色をして下流へ流れてゐる。
旅人 (旧字旧仮名) / 林芙美子(著)
其二は八代目一人がを送る文で、「此品いかが敷候へども御霊前へ奉呈上度如斯御座候」と云ひ、末に「廿二日、団栗、伊沢様」と書してある。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)