“ばつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:バツ
語句割合
39.6%
37.4%
7.7%
4.4%
2.2%
2.2%
1.1%
場図1.1%
1.1%
1.1%
1.1%
調子1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
不知庵主人りしする批評仲々なりとはけるが、病氣其他ありて今日までにたるは四五種のみ
「罪と罰」の殺人罪 (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)
蕪村は『鬼貫句選』のにて其角、嵐雪、素堂、去来、鬼貫を五子と称し、『春泥集』の序にて其角、嵐雪、素堂、鬼貫を四老と称す。
俳人蕪村 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
これを要約していう時は、金と女とを進物にして、をつくったということになる。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
おとよはしょうことなしにお千代のあとについて無意識に、まあ綺麗なことまあ綺麗なことといいつつ、を合せている。
春の潮 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
かつての応仁前後、建武正平の頃、鎌倉期、遠くは上世の応神、推古、宇多、後宇多等の御年代にわたっても、外夷の征、内賊のなど、地に戦を見ぬ日が、果たして幾日あったろうか。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「君はに不自由しないから不可ない。生活にらないから、らく気にならないんだ。要するにちやんだから、い様なことかり云つてゐて、——」
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
このは、持主といふのでもない、細引麻繩棒杭えつけてあるので、あの、占治茸が、腰弁当握飯半分つたり、ちやんだの、乳母だのが菓子けてつたり
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
さあ、つて了つて、其処場図るには迯られず、阿母さんはたりしなんでせう、一処に行け行けとく言ふし、那奴は何でも来いと云つて放さない。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
カツテ東京ニ相識ル。イテコレヲ見ル。髩髪蕭疎顔色憔悴セリ。シカモコレト当世ノ務ヲ談ズルヤ議論横ザマニ生ジ口角シソノ気力モ前日ニ減ゼズ。五更ノ頭ニ到リ辞シテ去ル。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
見つけさりやつて見れば一文なしの殼欠無益殺生に手下の衆を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「その者にを加えるがよかろう。」
織成 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
切って出た藤尾にさえ調子を合せていれば間違はない。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)