“はね”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ハネ
語句割合
29.8%
21.1%
12.8%
羽根7.0%
6.0%
羽子5.2%
羽毛3.9%
閉場3.7%
2.7%
1.2%
羽翼1.0%
泥沫0.4%
0.4%
0.4%
終演0.4%
飛泥0.4%
汚泥0.2%
羽尾0.2%
0.2%
打出0.2%
撥泥0.2%
汚点0.2%
0.2%
泥跳0.2%
活溌0.2%
羽弁0.2%
羽根毛0.2%
羽翅0.2%
0.2%
0.2%
跳泥0.2%
閉館0.2%
飛沫0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ぶときはそのしいきます。この綺麗ですが、しく、「ぶっ、ぽう、そう」ときつゞけます。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
この物勢い込んで飛ぶ時、が張り切りおり、なかなか博物館で見る死骸を引き伸ばした標品とは、大いに大きさが違うようだった。
手長蜘蛛天蓋蝗蟲姫蜘蛛頸輪のやうな光線蟋蟀革紐薄膜
張箍女袴穿いた官女よ、よ、三葉形を置いて、鳥の羽根の飾をした上衣ずる官女よ、大柄權高で、無益美形
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
芥子の実ほどの眇少しい智慧を両足に打込んで、飛だりたりを夢にまで見る「ミス」某も出た。お乳母も出たお爨婢も出た。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
或る日の事、美代子さんはおの前でたった一人で羽子をついていますと、一人の支那人が反物を担いで遣って来て、美代子さんのおの門口で
クチマネ (新字新仮名) / 夢野久作海若藍平(著)
今迄薄暗かった空はほのぼのとみかかって、羽毛を散らしたような雲が一杯に棚引き、灰色の暗霧は空へ空へと晴て行く。
するのも可哀そうだから、もうちっと待っていると日が暮れるだろう。小屋の閉場るのを待っていて、すぐに河童をあげるようにしろ
半七捕物帳:19 お照の父 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
そこで欄干にれかかって煙草を——つい橋袂に酒場もあるのに、この殊勝な心掛を散らして、自動車が続けさまに、駆通る。
雪柳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
女学生のっかえりが、クレオパトラに化けて大勢の黒ン坊を従えて来る、独逸面のまずいクレオパトラは人を馬鹿にしているが、その奴隷になる学生は尚のこと気が知れない。
スウィス日記 (新字新仮名) / 辻村伊助(著)
そう注意されているに、もうには蝶々のような羽翼をつけた、さはやっと二三から三四寸位の、可愛らしい小人がちらちらってたのでした。
やい、寅。てめえのような半端人足を相手にして、泥沫をあげるのもいやだと思って、お慈悲をかけてやりゃあ際限がねえ。おれは立派に御用の十手を持っているが、てめえを
半七捕物帳:09 春の雪解 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
こゝは英雄心事るべからずであるが、まけられるでは、斟酌もあるのでないから、湯瀧三千丈で、流場一面土砂降から、ばちや/\とぶ。
銭湯 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
僕等は其夜、鈴木主水の講談を聞きましたが席がるや外に出ると、二三人の人が黒田下の交番の方を目がけて小走りに走るので、何事が初まつたかと、僕等も其後について走りました。
夜の赤坂 (新字旧仮名) / 国木田独歩(著)
茶屋へ入って桟敷へ通ったのが正午過ぎの八ツで、茶屋を出たのが終演る少し前の五ツ半。如何にも眼立つ服装をしているのだし、多分に祝儀をはずんだので、茶屋でははッきりと覚えていた。
ぷつり、帰雁の鯉口をひろげて、ぴしゃぴしゃ——守人は飛泥を上げて追いすがる。
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
のてっぺんまで、汚泥がるのもおいなく、びにした市松には、なんぞ、芝居使ほどにもじられなかったのであろう。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
番頭幸兵衛は、荒塗りのように汚泥がっているを、をしてじっと見守った。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
印度なる葉廣菩提樹の蔭にしてひろげ誇らむこの孔雀羽尾
河馬 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)
六宮粉黛も色を失はむ孔雀一たび羽尾ひろげなば
河馬 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)
老爺は少しいたが、ウムと踏張ツたので、學生は更にツ返されて、今度は横つ飛に、片足で、トン、トンとけし飛ぶ……そして壁に打突ツて横さまに倒れた。
解剖室 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
大層感心しまして恐入つたものだ、中々アヽ商売人だつて容易くもんぢやアないとひました、何卒打出ましたらと三らつしやいまして
世辞屋 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
った空臑に痛いと感ずるほど、両脚が、太く冷たかった。男は半町ばかり先を行く。三次、撥泥を上げて急いだ。
真白いたびに、ぬかるみの汚点が二三カ所ついた。女は別に気にしなかった。
(新字新仮名) / 久坂葉子(著)
「向うはまだ来ておらんな」と、シェシコーフスキイがを落しながら言った、「さればさ。幕があかぬうちに、一ついい場所を見つけに行くとしますかな。ここじゃ身動きもできはせん。」
決闘 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
なるごヽろ、はぬはきものをと此處むれば、香山家三人女子むづかしく活溌にて、容貌大底なれどもとしてなく
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
そのそばにきれいな風車いつけた。車がしきりに回る。車の羽弁五色に塗ってある。それが一色になって回る。白い棺はきれいな風車を絶え間なく動かして、三四郎の横を通り越した。
三四郎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
次のつき井菊屋の奥、香都良川添の十畳に、もう床は並べて、膝まで沈むばかりの羽根毛蒲団に、ふっくりと、たんぜんでいだ。……
怨霊借用 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
を拾う雄鶏の役目と、羽翅をひろげてを隠す母鶏の役目とを兼ねなければならなかったような私であったから。
(新字新仮名) / 島崎藤村(著)
布団のけ、つとちあがりて、紀州よ我子よと呼びし時、みてそのまま布団の上に倒れつ、千尋の底に落入りて波わが頭上に砕けしように覚えぬ。
源おじ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
雨の中を板裏の草履で歩いて来たので、背中まで跳泥が一杯上っていた。
変な男 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
閉館時の群集の為に、ともすれば二人の姿を見失い勝ちでありましたが、却って其の足繁き人波が屈強の隠れ蓑と成りまして、肩を並べ伏眼加減に人眼を憚りつつ足早やに歩み去る二人の跡を
陳情書 (新字新仮名) / 西尾正(著)
そういいながら、着物をだいじにするひとがちいさな汚点でも気にするように、馬の横っ腹にくっついた泥の飛沫を、掌でていねいにぬぐってやる。
キャラコさん:10 馬と老人 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)