“幸兵衛”の読み方と例文
読み方割合
こうべえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小僧粗相番頭粗相手前から、どのようにもおわびはいたしましょうから、御勘弁えるものでございましたら、この幸兵衛御免さいまして。……
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
和「まア少しお待ちなさい、今のお方は浅草鳥越龜甲屋幸兵衛様というての一檀家じゃ、なか/\の御身代で、苦労人の上に万事贅沢にして居られるから、お近附になって置くがい」
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
他の二人の庄屋——福島の幸兵衛贄川の平助、この人たちも半蔵と一緒にひとまずその旅籠屋に落ちつくことを便宜とした。そこには木曾出身で世話好きな十一屋の隠居のような人があるからで。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)