“汚泥”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おでい75.0%
はね25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“汚泥”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語5.8%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
時々この文明の胃袋は不消化に陥り、汚水は市の喉元のどもとに逆流し、パリーはその汚泥おでい反芻はんすうして味わった。
無垢むくなる者を尊んで、それに一つの汚点をもつけさせなかったこの汚泥おでいは、そもそもいかなるものであったろうか。
しり端折ぱしょりの尾骶骨かめのおのあたりまで、高々たかだか汚泥はねげた市松いちまつの、猫背ねこぜ背中せなか
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
まげ刷毛先はけさきとどく、背中せなかぱい汚泥はねわすれたように
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)