あらし
子供らは古い時計のかかった茶の間に集まって、そこにある柱のそばへ各自の背丈を比べに行った。次郎の背の高くなったのにも驚く。家じゅうで、いちばん高い、あの子の頭はもう一寸四分ぐらいで鴨居にまで届きそうに見える。毎年の暮れに、郷里のほうから年取 …
作品に特徴的な語句
づかい 酸漿ほおづき ねい かが うえ 祖父おじい よそ 何分なんぶ せい 末子すえこ けん 心地ごこち 刺繍ぬい しげる 羽翅はね 居座いすわ 三日みっか 上塗うわぬ ちょう くだ 狭苦せまぐる 独楽ごま わき かす おさ 素気すげ 囃子ばやし べい ばち 胼胝だこ ふる もん 薪材まきざい 蚊遣かや しる 痕跡こんせき まと さかずき 真綿まわた 眺望ちょうぼう 石垣いしがき 石蹴いしけ 空屋あきや くぼ 窪地くぼち 立食たちぐい 竹藪たけやぶ 笄町こうがいちょう 笑顔えがお ささ 笹刈ささが たけのこ 筒袖つつそで ほうき 箪笥たんす 築地つきじ くそ あか 素人しろうと 素朴そぼく 素足すあし 給仕きゅうじ 総菜そうざい 罷業ひぎょう 美濃みの ふと 肴屋さかなや 背丈せたけ 背負しょ すね 膏薬こうやく ひざ 芍薬しゃくやく 若鷺わかさぎ きく すみれ はぎ つる つた つぼみ 薔薇ばら 藪蚊やぶか かばん しも 青山あおやま 面影おもかげ くつ 頓着とんじゃく かしら 雨露あめつゆ
題名が同じ作品
(新字新仮名)寺田寅彦 (著)