“罷業”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひぎょう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
狼狽ろうばいした女記者の太い拳が彼女の眼前につきだされた。夜半の都会が同盟罷業ひぎょうのような閑寂さを感じさせた。
女百貨店 (新字新仮名) / 吉行エイスケ(著)
「残った連中を煽動せんどうして、同盟罷業ひぎょうをやらせようと、さかんき廻っているということですが」