河童かっぱ
これはある精神病院の患者、——第二十三号がだれにでもしゃべる話である。彼はもう三十を越しているであろう。が、一見したところはいかにも若々しい狂人である。彼の半生の経験は、——いや、そんなことはどうでもよい。彼はただじっと両膝をかかえ、時々窓 …
作品に特徴的な語句
こう ぜっ 珈琲カッフェ しも なつか せい こう 生温なまあたた なめ かか つっ くう 日当にっとう おやじ 正面しょうめん あい ぜん だい つの ごと 生暖なまあたた とお はい 一人いちにん かか かん のち ゆか 稀代きだい おれ 工夫こうふ 山桃やまもも 華氏かっし たきぎ 日除ひよ かわず 矜誇きょうか 如何いかん かど 時計どけい かた しら とん 嘔吐へど 贔屓びいき こと 一足いっそく 雌雄めすおす 醜聞しゅうぶん 交合こうごう 水薬みずぐすり けん 金入かねい 水松いちい がら あいだ からだ 水掻みずか 漁夫りょうし 素人しろうと がん 濛々もうもう 紛々ふんぷん 紙屑かみくず 節々ふしぶし たき 瀟洒しょうしゃ しか ふえ 笑顔えがお 空罎あきびん 煙草たばこ 穹窿きゅうりゅう 熊笹くまざさ 稲妻いなずま 祈祷きとう 礼拝らいはい 男色だんしょく 玩具おもちゃ さら 白樺しらかば 瓦斯ガス 産婆さんば 痲痺まひ あと 畢竟ひっきょう 畏友いゆう 盗人ぬすびと
題名が同じ作品
河童 (新字旧仮名)芥川竜之介 (著)