“はづ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ハヅ
語句割合
42.7%
14.6%
8.1%
7.8%
5.2%
3.9%
2.9%
2.6%
1.9%
1.3%
1.3%
1.0%
1.0%
0.6%
遠慮0.6%
0.6%
0.3%
0.3%
巴豆0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
発奮0.3%
興奮0.3%
0.3%
0.3%
退席0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それでもやつと呼鈴を押すと、明りのさしてゐる障子が開いて、束髪つた女中が一人、すぐに格子戸の掛け金をしてくれる。
漱石山房の秋 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
ヂュリ そのやうなことをこそりをれ! かしゃる身分かいの、彼方にはなどはかしがってらぬ。
プツゼル婆あさんは黒い大外套の襟に附いてゐる、真鍮のホオクをした。そして嚢の中から目金入と編みさしの沓足袋とを取り出した。
へ帰つて、一日部屋に這入つたなり考へ込んでゐた。を連れて音楽会へ行くの所を断わつて、大いにに気を揉ました位である。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
友達に冷笑れるかしさ、家へ歸つて何と言つたものだらうといふ樣な事を、子供心に考へると、小さい胸は一圖に迫つて、涙が留度もなく溢れる。
二筋の血 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
かしくもなくくこんな莫迦げたかれたものだ』とグリフォンがしました。彼等雙方ともつたつてれなちやんをてゐました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
れの河堤の桜が咲きはぢめて、夜桜の雪洞が燭いたから花見へ行つて見ないかと近所の若者に誘はれたが滝本は、昼も夜も自分の部屋に引き籠つてゐた。
南風譜 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
向うは只一度打つた切りで、それも慌てゝ狙ひがれました。皆山から駈け下りて来るはずみで、踏み留まる事が出来ません。それを下で待ち受けてゐたのですね。
左へ躱した自動車は、躱し方が余りに急であつた為、みを打つてそのまゝ、左手の岩崖を墜落しさうな勢ひを示した。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
古時計はナポレオン三世のやうな気忙しさうな顔をして、露西亜人などには頓着なく息をませてゐる。紳士はいつになく露西亜が恋しくなつて来た。
今日世界する地震學參考書中堅をなすものであつて、これ事業は、日本地震學會時代專有してゐたわが名聲かしめなかつたといへるであらう。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
「伊藤君、先生は君の顔を見た、たしかに見た、第二の芳賀に君は擬せられとる!」と私は息をませて言つた。
途上 (新字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
扨も世を無常と觀じては斯かる侘しき住居も、大梵高臺の樂みに換へらるゝものよと思へば、の貴さも彌増して、今宵の我身やゝかしく覺ゆ。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
「まだ巳刻前だよ、良い兄さんが髷節りを附けて歩く時刻ぢやないよ。それに氣組が大變ぢやないか。叔母さんとこの味噌汁煮豆ぢや、そんなみがつくわけはねえ」
女子どもは何時しか枕もとを遠慮して四辺には父と母と正雄のあるばかり、今いふ事は解るとも解らぬとも覚えねども兄様兄様と小さき声に呼べば、何か用かと氷袋を片寄せて傍近く寄るに
うつせみ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
院長がそれをして、凸面のレンズでランプの光線を注ぎながら、柄の附いた正方形の金屬板の穴から覗いて目の中を調べる際に、冷吉は僅に、院長の、髮を短く毬栗にした、薄黒い顏の色と
赤い鳥 (旧字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
この外交官はその頃名うての筆まめな男で、みに乗るとどんな皮肉を書き出すか判らなかつた。物もあらうに、回想録とは、聞く身にとつて如何にも気持が悪かつた。
三千代の此前つたよりは寧ろ蒼白かつた。代助にかれて書斎の入口近寄つた時、代助は三千代のましてゐることに気が付いた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
巴豆といひ附子といふも皆是薬、障礙悪神毘那耶迦も本地は毘盧沙那如来、此故に耆婆を開けば尽大地の草木、保命の霊薬ならぬも無く、仏陀教を垂るれば遍虚空鬼刹
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
ここにその將軍既に詐りをけて、弓をし、を藏めつ。ここに頂髮の中よりけのり出で更に張りて追ひ撃つ。かれ逢坂に逃げ退きて、き立ちてまた戰ふ。
私の声が調子れに大きかつたので、青野はあかくなつて、はにかんでしまつた。
競馬の日 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
幾分声をませながら、野村は言つた。北はひどく驚いたやうだつた。二人は暫く言葉もなく向ひ合つてゐたが、やがて肩を並べてそこを出た。
月日 (新字旧仮名) / 北条民雄(著)
「は、」と、はず雪枝は、此方みながら押堪へた発奮んだ。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
だが困つた事には身体が牛のやうに肥えてゐるので、お説教が興奮むと、のやうな苦しさうな息遣ひをする。
見る者なかりしと浪人體の身には粗服ひ二月の餘寒きに羊羹色の羽織を着て麻の穿れし大小をせし者常樂院の表門へ進みんとせしが寺内の嚴重なる形勢
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
頭の所爲天氣加減か、何時もは随分よくる二人も、今日は些ツともまぬ。
虚弱 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
カピ妻 とはうぢゃ。乳母や、ちっとの退席してたも、内密ぢゃによって。……いや/\、乳母りゃ、一通いておいてうたはうがよかった。
しなされませ。聞質してませう。どうしてもまッしゃらうかもれぬが。