二筋の血ふたすじのち
夢の樣な幼少の時の追憶、喜びも悲みも罪のない事許り、それからそれと朧氣に續いて、今になつては、皆、仄かな哀感の霞を隔てゝ麗かな子供芝居でも見る樣に懷かしいのであるが、其中で、十五六年後の今日でも猶、鮮やかに私の目に殘つてゐる事が二つある。 …
作品に特徴的な語句
そつ いけ ちよ 歔欷すゝり いぶ くるめ 冷笑ひやかさ しやが 蒼白あを 復習さらつ そばた こつそ いぢく はづ うらゝ 乞食ほいど ぢつ 奈何どんな ほんと むづ 面相つらつき 其方そつち じつ 寡言むつつり いぢ さう ちいさ そよ 俯臥うつぷ くら 悄然せうぜん さま やつ うづくま 阿母おかあ ちつ 何方どつち いつも 凭懸よりかゝ 四這よつばひ ぬの 強請ねだ 往返ゆきかへ うしろ あやし わづら をのゝ ふり つかま つかま 明瞭はつきり 歔欷すゝりなき 濕氣しめりけ 目的あて 祭禮まつり 老爺おやぢ 苛責いぢめ 莞爾につこり 倚懸よりかゝ 入學はい 口惜くやし 呆然ぼんやり 宛然まるで 尫弱かよわ 屹度きつと しん 恰度ちやうど たのし おぼ 戸外おもて 抑揚ふし おほ 斷間たえま たば 水注みづつぎ みぞ あて おとな 筒袖つゝそで かげ たま 背丈せい はぎ 腹匍はらばひ 茫然ぼんやり 虎斑とらぶち 言囃いひはや 雪沓つまご うなづ 二歳ふたつ ほの 何日いつ
題名が同じ作品
二筋の血 (新字旧仮名)石川啄木 (著)