“粗服”の読み方と例文
読み方割合
そふく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これが町奉行の大岡越前守とは知る由もない栄三郎、よし零落れて粗服をまとうとも、面識のない武士には対等に出る。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
小文治は、家に取ってかえすと、しばらくあって、粗服ながら、たしなみのある旅支度に、大小を差し、例の朱柄をかついで、ふたたびでてきた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
見る者なかりしと浪人體の身には粗服ひ二月の餘寒きに羊羹色の羽織を着て麻の穿れし大小をせし者常樂院の表門へ進みんとせしが寺内の嚴重なる形勢
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)